若返りたい女性必見|美容クリニックでアンチエイジングを目指そう

笑顔の中年女性

身体の中から健康に

スキンケア

加齢や病気に負けない

日本人の平均寿命も伸び、高齢化社会に突入しましたが今の時代はいくつになっても様々な目的や夢に向かって頑張っている方が増えています。しかしそのようなアクティブな人生を送るには、健康であることが何より重要になってきます。真のアンチエイジングとは、いつまでも健康で若々しく病気に負けない身体であることを目指す生き方です。最新のアンチエイジング治療であるオプティマルヘルスとは、その年齢での最高の健康状態を目指すことで老化の兆しが見えたらより早く始めるのが効果があります。現在日本の医療は、治療に重きが置かれていますが、アンチエイジングとは病気になってから対応するのではなく、病気や老化に負けない強く健康的な身体にする予防的治療がこれからの時代は大事になってきます。最先端のアンチエイジング医療では、細胞レベルでの治療を行い免疫力を向上させるので人間が本来備えている自然治癒力が回復して、老化や肥満を防ぎ健康的な身体を取り戻すことができるのです。年齢を重ねてもはつらつとして健康な人は、輝いて見えるものです。

最先端医療と若返り

エイジング検査には認知症の初期段階のうちに発見して、介入し症状が進行するのを遅らせたり、予防を行う簡易認知テストがあります。10分程度の短い時間で、認知機能低下を高精度で評価することができます。早期に介入することで認知機能を維持し低下することを予防できると言われています。またテロメアテストによって遺伝子強度と遺伝子疲労度を測定して心血管病や脳卒中、認知症などの疾患リスクを防ぎます。あるいは、ミアテストでガンやアルツハイマーなどの疾患を早期発見して発症を抑え病気を治すことも可能となります。そして甲状腺テストパネル検査によって、原因がわかりにくい疲労感や体調不良の原因を探ります。原因不明の疲労感は、リバースT3型代謝低下症の可能性があるのですが、通常の甲状腺検査では発見されにくいのです。甲状腺ホルモンは、食事で体内に取り入れた炭水化物やたんぱく質などの栄養素をエネルギー源に変える重要な役割があり、甲状腺の機能が低下すると酸素利用やミトコンドリアの活性が落ちて疲労感が出てくるのです。甲状腺テストパネルの実施によって、疲労の他にガンの予防にも効果があるのです。